2019年12月27日金曜日

日本野鳥の会バリアフリー探鳥会下見

日本野鳥の会本部主催のバリアフリー探鳥会@東京の下見に隊長が参加しました。
隊長からその報告があったので、掲載します。


日本野鳥の会本部の主催で、バリアフリー探鳥会が来年3月、東京の国営昭和記念公園で企画されています。
その下見に、日本野鳥の会本部の方、重症心身障害児デイケアルームフローラの皆さんとともに参加してきました。

最初は雨も心配される空模様でしたが、無事、雨に降られることなくじっくりコースを検討することができました。
ヒドリガモ、オナガガモが昼寝している姿を双眼鏡やスコープでどうやって見てもらったらいいか、試行錯誤もありましたが、スコープを覗くことができたときのお子さんたちの嬉しそうな表情に、本番への確かな手応えを感じることができました。


コースのゴールは都内にも2・3箇所、全国にも数箇所しかない「インクルーシブ」な遊具のある公園。
https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/support/23179/

ご家族で楽しい時間を過ごしてもらえそうです。
日本野鳥の会のみなさんも本番に向けてどう準備したらいいか、方向性が分かってとても良かった!とおっしゃっていました。
3月の本番も天気がいいことを願うばかりです。(隊長)

今から楽しみです!

0 件のコメント: